UE4のデバッグ画面に表示される◎を消す

UE4の画面に◎のコントローラが表示されるんだけど

この下の◎二つ

うざいので消します。

参考

まず、「プロジェクト設定」を開いて

インプット>デフォルトのタッチインターファイスをクリック

表示オプションで「エンジンのコンテンツを表示」にチャックを入れてクリアします。

これで表示されなくなりますよ。おしまい。

UE4でARアプリを作ってみる

ではARアプリを作ります。UE4は4.24.3です。テストで用意した端末はNexus5Xです。

【仕様】

Android用ARCoreアプリ

フェーズ1

①アプリを起動して辺りをスキャン

②お化けがいたら反応する

③幻描の香を焚くとお化けが見える

④お化けがこちらに気が付く前にチャクラを開き九字を切る

⑤お化けが九字を切る前に気が付くと逃げられてしまう

⑤無事九字を切るとお化けが昇天する

⑥昇天すると徳が積まれる

⑦徳が積まれると天部から明王、菩薩、如来と階位が上がる

という感じでまずはARテストアプリを構築します。

【準備】

Android Studioをインストール

こちらを参考にプラグインとプロジェクト設定を行います。

必要なのは以下です

  1. プラグインでAndroid Cameraにチェックを入れます
  2. プラグインでARCoreとARCoreServiceにチェックを入れます
  3. プロジェクト設定>Androidで書き込み可能にします

デバックに使うAndroid端末を用意します。

端末とPCを接続してcmdから端末が見えるか確認します

見えたらUE4を起動し「Blank」を作成しモバイル、スケーラブル、コンテンツなしを選択しプロジェクトを作ります。

まず、レベルを作っておきましょう。

でレベルブループリントを開きます。

でこれだけで平面を認識できます。

で、認識した平面のスマホ画面をタップするとアクターをSpawnするようにします。プロジェクト設定のエンジン>インプットでアクションマッピングを追加します。

で、画面がタッチされたらイベントが発生しますのでそのイベントを受け取る処理を入れます。

認識した平面の範囲をタップされたらアクターをSpawnしますのでそのアクターも用意します。

アクターは以前作ったふわふわするお化けです。

お化けは常にカメラを向きますので今回はPlayerCameraManagerをターゲットにします。

また、今回はコリジョンでの判定ではなく距離判定にしてみます。こんな感じでカメラマネジャーがアクターに200cm以内に入ったらの処理を追加します。

200cm以内に入ったら一回だけスプライトを切り替え、アクターを廃棄します。

これでテストアプリの完成です。

アプリが起動したら、辺りをタップしてみましょう。お化けが見えます。でも200cm以内に入ったらお化けがビックリして、怒って逃げます。

    

このアプリはコチラからDLできます。

おばけは明かり0.4以下の識別範囲で出現します。

Nexus5をAndroid10で動かす

Android6で見捨てられたNexus5。でもまだまだ現役で使えるのでAndroid6で止めとくのはもったいない。
なのでNexus5を最新のAndroid10で動かすようにします。
※僕の場合はTWRPが再起動ループに入って2度チャレンジしましたがダメでしたので元に戻しました

【事前準備】

Android StudioをPCにインストールする

TWRPの最新版をDLする

カスタムROMのAndroid 10のROMをDLする

GAAPSもDLします

で、Nexus5の設定から「バックアップとリセット」

をタップして「データの初期化」をします。

※セキュリティのパスワードがONになっているとダメなのでセキュリティはOFFにします

初期化されるのでしばらくお待ちください。

※初期化されるのでデータのバックアップは取っておきます

初期化されたら起動して「開発者モード」の「USBデバッグ」をONにします。

PCとNexus5をUSBケーブルで繋ぐ。

adb devices

とcmdに打ち込み、PCからNexus5が見えるか確認する。

確認できたらNexus5をbootloaderでリブートする

adb reboot bootloader

で、bootloaderをアンロックする

fastboot oem unlock

lineage-16.0-20190926-UNOFFICIAL-hammerheadをflashします

fastboot flash recovery lineage-16.0-20190926-UNOFFICIAL-hammerhead.zip

これでTERPがインストールされたはずです。rebootします

fastboot reboot

これでTWRPの画面になるはずです

で、まず、Nexus5ROMのバックアップを取っておきます

crDroidAndroid-10.0-20200315-angler-v6.4をインストールして、

open_gapps-arm-10.0-pico-20200311をインストールすれば終わりです。

再起動します。Android10のNexus5が起動します。

※うまくいかなかったら元に戻せます。

こちらからNexus5のイメージをDLしときます。

DLしたら展開してflash-all.batを実行します。

これで元に戻ります。

でも、元に戻すのに時間がかかるのでもう一回チャレンジ。あきらめたらBootloaderをロックしなおすのをお忘れなく